紫外線ケア

レーシックを行うにあたっての注意点はどのような物がありますか?

口コミなどでも人気のレーシック手術。
安全性の高い施術ではありますが、事前にリスクや注意事項についてもきちんと把握しておくことが大切です。
特に手術を受けた後は気がゆるみやすく、つい「この程度なら大丈夫かな」と自分ルールで生活しやすくなっています。
そこで今回は、レーシック手術にあたって気を付けたいさまざまな注意事項について考えてみたいと思います。

・運転免許
レーシック手術を受けた後は、免許に記載されているメガネ、コンタクトなどの条件を解除することができます。
解除には手続きが必要で、最寄りの警察署にて即日解除ができるため、必ず手術後に警察署を訪れるようにして下さい。
裸眼で運転をすると違反となり、罰金が徴収されてしまうので気を付けたいところです。

・運転
手術後は、2~3日の車やバイクの運転はできません。
仕事ですぐ運転しなければならない方はレーシックを受けることはできませんので、もしどうしても、という場合は長期的な休暇を取る必要があります。
4日目以降も夜間はライトなどが見えづらい可能性がありますので、運転には十分注意が必要です。

・入浴
手術後1週間程度は入浴を控えるように言われます。
レーシックを受けたあとすぐにプールや温泉へ遊びに行って、顔を水につけることのないよう注意しましょう。
洗顔も同様で、1週間後から可能になります。
目を保護し、できるだけ早く元の状態に戻すためにも、メイクなども1週間は我慢しなければなりません。

・激しいスポーツ
ウォーキング程度の軽いスポーツは2週間後から、トレッキングやトレーニングなど、身体を動かす激しいスポーツは1ヶ月経ってから可能になります。
激しいスポーツの計画をする場合は、必ずレーシック手術が終わってから1ヶ月以上後に計画をたてるようにしましょう。

・仕事、家事など
机上でのデスクワーク、家事は翌日からOKです。
しかし、パソコンやTVなど画面を長時間見続けたり、ハードな家事は目への負担が大きいため、2週間程度は控えておいた方が良いでしょう。

このページの先頭へ