紫外線ケア

レーシックの適応検査とはどのような事をするのですか?

レーシックの適応検査とは、レーシック手術を受けるために適している状態かどうかを検査するものです。
病院によっては無料で検査をして貰えるところもあるようです。
適応検査を受けるためにはまず医院へ行き、レーシック施術を考えていると伝えてから検査に入ります。

カウンセリングなども別途行われますので、目に関する既往症や問題がないかどうか医師とよく話し合う必要があります。
(場合によっては眼科での検診が必要になる場合も。)
適応検査は視力検査や乱視の有無についての検査・角膜の厚さや眼底検査・水晶体と網膜の状態などを総合的に診ます。
検査そのものはメガネを作る時に行う検査と同じ感じで、次々と指示に従いながら場所を移動していきます。

目を見てもらうだけと考えればあまり怖くはないかと思います。
もしも角膜http://www.gpj-expo.jp/kakumaku.htmlが薄すぎる場合不適合と判断され、レーシックが受けられない可能性もありますから、まずは検査を受けることが大切です。
また、レーシックについての詳細な説明や疑問点もカウンセリング時に受け付けて貰えるので、少しでも不安に思うことがあれば質問しておくと良いでしょう。

また、コンタクトレンズを着用している方の場合、適応検査前に制限がかかります。
コンタクトレンズを使用していると角膜の形状が変化し、検査時に数値を正確に測ることができません。
そのため、変化した角膜を元の正常な形に戻すよう期間を開けてから検査が行われます。

ソフトレンズ使用の場合は検査の3日前、ソフトレンズ乱視用は1週間前、ハードレンズは3週間前からレンズを外して、裸眼かメガネを着用し続けて角膜を元に戻します。
適応検査では、レーシック手術に適した視力であるか(目が良すぎると不適合になります)、また病気の心配がないかどうかを確認するので、細かく検査が行われます。
所要時間は大体3時間くらいとみておけば間違いないでしょう。
別途、レーシックについてのガイダンスが行われることもありますので、余裕をもって検査を受けに行きましょう。

このページの先頭へ