紫外線ケア

レーシック手術をした方で失敗談というのは存在しますか?

レーシック手術といえば、視力を劇的に向上させられるという魔法のような治療です。
しかし、目というデリケートな部分を扱う施術であるため、普通なら誰もが一度は手術に不安を抱くのではないかと思います。
そこで、今回はレーシックに関する失敗談について考えてみたいと思います。

まず、何といってもレーシックは「後遺症」が多く取り沙汰されている施術です。
手術後になんだか目の状態がおかしいと感じたり、日中外に出てみると光がまぶしすぎるように感じる、車のライトが太陽のような明るさとして目に入ってくる、過敏症になり夜も眠れなくなる…などなど、光に関してのトラブルが多く聞かれます。
その原因の多くは、「過矯正」ではないかと言われています。

近視を矯正するためにレーシック手術を受けたはいいが、矯正の度が過ぎてしまい結果的に遠視になるというものです。
近視から遠視になるとは想像もつきませんが、実際にこの過矯正で悩まれている方は少なくありません。
また、なかにはドライアイが治らない方もいるようです。

その場合は目薬をさして対処するほかはありませんが、ドライアイ自体は元から体質で目が乾きやすい方も多いため、レーシックだけが根本的な原因になるとは言い難い部分もあるようです。
レーシック治療自体は同じ施術でも、人によって回復の程度がまったく異なります。
ある一人の人が「劇的な視力を手に入れた」と言ったとしても、自分自身がどのレベルまで矯正できるか(あるいは過矯正になるか)は判断できません。

もしものトラブルのため、病院側からはあらかじめ施術とアフターケアについての詳細な説明があります。
もしも検査の段階でレーシックに向いていないと言われたら、素直に従って施術を避けたほうが良いでしょう。
とはいえ、レーシック手術は「必ず失敗する」ものではありません。

ほとんどの方が視力の矯正を成功させており、以前よりもはっきりと見えるようになったと感じる方が大多数いらっしゃいます。
失敗やトラブルを防ぐリスク回避は確かに必要ですが、施術後は誰でも後遺症と思われる症状が出る場合があるそうですので、失敗談だけでなく、施術後の目の状態についてもしっかりと確認しておきたいところです。

このページの先頭へ