紫外線ケア

レーシックを行うと視力回復が出来るのはどうして?

視力回復方法として大人気のレーシック手術。レーシックと一口に言っても、エピレーシックやイントラレーシックなどさまざまな施術が登場しており、使用機材も日々安全性の高いものが考案されています。
レーシックはそもそも、角膜の屈折異常によって起こる視力低下を矯正する治療です。
角膜と水晶体が正常であればあるほど、光は一点に網膜に集められ、対象物が正常に視認できます。
しかし、近視や遠視、乱視などの屈折異常の場合光が集まる時点で焦点が網膜に合っておらず、ものが見えにくくなっています。

それを元通りに正すのがレーシック手術の目的です。
レーシックの具体的な仕組みは、目の角膜部分にフラップと呼ばれるフタのような形の部位を作成し、フタをめくってその中にレーザーを照射することによって、角膜の形状を変化させ屈折率を調整、正視に近づけます。
もともと視力が良い方は屈折異常の度合いが低く、正視に近いためレーシック手術を受ける必要はありません。

しかし、かなり視力の低下が進んでしまっている方については、屈折率をレーザーによって元に戻すことで、以前のように見えやすくなるというわけです。
レーシック手術のなかでも最新式と言われている「アイレーシック」は、個人の目の状態に合わせてレーザーを自在に照射、コントロールする機能があります。
コントロールが自在になることのメリットとしては、夜に光がまぶしく見えるハローグレア現象を最小限に抑えることができるようになります。

レーシックは眼球に直接レーザーを照射する手術のため、方法だけ聞くととても怖い施術のようにも思えますが、かかる時間は平均して15分。
屈折の異常を根本的に治療し、メガネやコンタクトなどの視力矯正器具を使う必要が半永久的になくなるため、とても効率的な施術といえます。
現在レーシックに興味がある方は、まずは適正検査を受けてレーシックに適した状態かどうかを判断して貰うと良いでしょう。

このページの先頭へ