紫外線ケア

レーシック手術をした後は市販の目薬を使用しても安全は保障されている?

レーシック手術後、1ヶ月程度はクリニックから専用の目薬が処方されます。
レーシック後のデリケートな目を、感染症やドライアイから守る大切な役割を持っている目薬ですので、ほかの目薬にとって代わることはできません。
レーシック前に専用の点眼薬を使っていた方にとっては使い慣れた目薬を使いたいと思うかもしれませんが、手術の後は角膜そのものに傷がついていたり、雑菌やほこりなど外気からも目を守らなくてはなりません。

そのため、手術後最低でも1週間~2週間くらいまでは処方された目薬を使うようにしましょう。
多くのクリニックでは、市販の点眼薬の使用は手術の1週間後から可能と言われます。
意外に短い期間で済むので、1週間だけでも我慢するようにしましょう。
術後は麻酔がきれてしまうため、少しの点眼でも目がしみる可能性があります。

痛みが強く、「使い慣れた目薬に替えたい」と思うことがあっても、目は代替のきかない大切な器官であって、健康が第一です。
処方の目薬で1週間だけがんばってみましょう。
1週間経った後は、どんな目薬でも使用可能です。

ドライアイ専用の点眼薬であれば防腐剤が入っているものでも使用できますが、術後の目の健康を考えると防腐剤が入っていないものの方が良いでしょう。
ドラッグストアなどで防腐剤なしの目薬を新しく購入しても良いと思います。
疲れ目用や充血用の目薬についても、以前と同じように使用可能です。
花粉症の方やコンタクトを愛用していた方にはなじみ深い「洗眼薬」タイプの目薬は、眼球とまぶたを一緒に洗うものなので、清潔度を欠いており傷口から雑菌が混入する可能性も考えられます。

そのため、術後1ヶ月は洗眼薬の使用を避けることをおすすめします。
ちなみに、疲れ目用の目薬のなかで「クール」と表示されているタイプについては、目に鋭い痛みを感じる可能性があります。
もともと目をすっきりとさせる成分が入っているため、角膜部分の傷が完全に癒えていない状態では想像よりも痛みが出るかもしれません。
それでも気にならなければ使用可能です。

このページの先頭へ