紫外線ケア

レーシックの後、温泉に入る事が出来るのはいつ頃ですか?

レーシック手術を受けた後は、角膜とその周辺の粘膜の状態が不安定であり、普段と同じように目をこすったり、水に顔をつけるなどの行動が制限されることがあります。
もっとも不便に感じるものとしては入浴があげられますが、レーシック後の温泉旅行に行こうと考えている方は特に計画性をもって施術に臨む必要があります。
手術を行った日は、シャワーのみ、それも首から下のみ可能になります。

頭や顔は問題ないのでは?と思うかもしれませんが、髪や顔を濡らすとうっかり目に水が入ってしまい、感染症などの危険が考えられるからです。
病院によっては、できれば施術当日はシャワーも避けるようにと言われる場合もあります。
1週間程度はシャワーを推奨されますが、入浴も1週間経った頃には問題なく入ることができます。

家での入浴はもちろん、温泉はさらに厳しい制限がかかります。
不特定多数の方が入る温泉は、衛生上の問題を鑑みて2週間~1ヶ月は控えるように言われます。
したがって、レーシック施術の日から2週間はきっちりと目を休めることに勤め、刺激を与えないよう安静に生活することが大切です。

手術後は角膜はもちろん、目元の免疫力がとても弱くなっています。
気軽な気持ちで温泉に浸かり、濡れ手で目を擦ったりすると感染症にかかる危険性もあります。
目は皮膚などとは違って、感染症に非常に弱い器官であるため、用心してもしすぎることはありません。

クリニックによって設定される安静期間はまちまちですが、2週間~1ヶ月の間は温泉には入らないよう心掛けましょう。
また、プールも同様に感染症の危険があり、サウナは高い室温と蒸気が目に負担をかけるおそれがあるため、これらの入浴施設も避けたほうがベストです。
目の状態が徐々に癒えてきて、元通り生活できるようになれば温泉もプールもOK。
面倒な制限期間ではありますが、諸注意をしっかりと守って、気持ちの良いクリアな視界を手に入れたいものですね。

このページの先頭へ