紫外線ケア

レーシックで噂されている難民とはどのような状態の事を指しますか?

視力回復手術である「レーシック」が広く認知されているここ最近、施術と同様に「レーシック難民」という言葉がしばしばメディアで取り上げられています。
レーシック難民とは、レーシック手術後に目や身体にトラブルが起きているにも関わらず、治療が受けられずにそのままになってしまっている人々のことで、症状は人によってさまざまです。
難民の多くはハロ・グレア現象やスターバースト現象といった、光が必要以上に眩しく見えるトラブルを患っているのですが、なかには視力の再低下や日中の視力変動など視力そのものにかかわる症状や、鬱・自殺願望など精神に支障をきたす症状を患っている方もいらっしゃいます。

これらの問題が起こる原因には、大多数の人にレーシック施術を受けて貰おうと過剰に宣伝を行うクリニックが増えていることが考えられます。
そもそもレーシックは美容目的の施術ではなく、近視のなかでも特に視力が悪く、今後さらに低下するおそれのある人々に優先的に提供されるものなのですが、医療行為の内容とリスクを十分に説明しないまま「メガネの煩わしさから逃れられる」などと広告を出し、レーシックの必要がそれほどない人が施術を受けてしまい、結果として難民となってしまうという流れがあります。

目の手術はとてもデリケートで、術後の経過観察やケアはもちろん行われなければなりませんが、なかには安価をうたってケアを不十分にしていたり、医師が力量不足で適切な処置が行えないクリニックも存在しています。
レーシック難民のなかには、クリニックから処置を断られてしまい、途方に暮れている方も多くいらっしゃいます。
ですので、まずは自分自身が本当にレーシックが必要なのかどうか、著しく視力が低下しているかどうかを知り、できれば複数のクリニックや眼科でレーシックについて相談をしておく必要があります。
しかしながら、レーシック難民が現れる割合はおよそ1000人に1人とされており、場合によってはそれ以下であるとも言われています。
医療機関を受診する側も事前にレーシックについての知識をしっかり蓄えておき、適切なクリニックで施術を受けるようにしたいものです。

このページの先頭へ