紫外線ケア

レーシック手術のあと目薬がとてもしみるけど何か問題がありますか?

レーシック手術を終えた後、しばらくの間は乾燥防止などのために点眼薬が処方されます。
毎日必ず点眼しなければなりませんが、術後ほとんどすべての方がしみるような痛みを感じるといいます。
痛みの程度はさまざまで、本当に痛いくらいにしみる場合もあれば、一瞬だけの痛みで終わる方もいるようです。

レーシック手術の方法で眼の角膜にフラップを作るため、剥がされた部分は傷となり痛みがあるのは無理もありません。
痛みが収まるあめには、1週間以上から1ヵ月くらいまでかかるとされており、目薬の点眼もそれだけ続けなければなりません。
痛すぎるので点眼をやめたい、と思うこともあるかもしれませんが、術後の眼球は非常に繊細で、感染症などへの防衛ができにくくなっているため、点眼薬だけは欠かさないようにしたいものです。

また、市販の目薬を自分で買って処置しようとしても、市販品の多くは防腐剤が入れられており、レーシック手術用に製造された薬ではありません。
そのため、目の乾きを潤すだけで感染症までは予防ができないので、処方された目薬を使い続けるようにしましょう。
処方された目薬があまりにもしみる場合は、目にトラブルがあるか、感染症やそれ以外の原因も考えられます。

痛みの原因の多くがドライアイであるとされていますが、ほかにも紫外線を浴び過ぎたり、目を必要以上に触ったりしても角膜が傷ついてしまうおそれがあります。
目の痛みが気になる場合は無理をせず、レーシック施術を行ったクリニックに早急に相談を。
レーシック手術はとても単純な施術ですが、受ける人の目の状態によって痛みの程度が異なります。

基本的にレーシックによって起きたドライアイなどのトラブルは3ヶ月程度で元に戻ると考えられています。
あまりにも乾きが酷い場合はヒアルロン酸が入った点眼薬に変えてもらうなどの処置も受けられますし、再手術を受けることも可能です。
まずは医師とよく相談のうえで決定するようにしましょう。

このページの先頭へ