紫外線ケア

レーシック後でも問題ない装着できるコンタクトレンズの種類ってどのような物が存在していますか?

視力回復に効果的とされるレーシックは、簡単な手術で視力が改善するものとして人気があります。
視力が回復した後は一定期間安静にして角膜の傷が癒えるのを待てば、入浴やメイクはもちろん、コンタクトレンズを使うこともできると言われています。
眼科やクリニックなどのホームページには、レーシック施術の1ヶ月後からソフトコンタクトなら問題なく使えると書かれていることが多く、執刀医からも目安として1ヶ月という期間を提示されることがあります。
レーシックといってもさまざまな施術方法http://www.necrotania.com/jyutusiki.htmlがありますが、角膜を剥がす施術を行った場合、人によってはコンタクトが装着できなくなる場合があります。

特に再手術を繰り返せば繰り返すほど角膜を薄く削らなければならないため、一度レーシックで角膜を削った方については再手術を慎重にしなければ、ソフトコンタクトも装着不可となる場合があります。
逆に、レーシックで角膜を少し削った後でも厚さに問題がなければ、老眼用のコンタクトレンズを含め、コンタクトレンズの装着はすべて可能です。
ただし、ハードコンタクトレンズについては術後の眼の状態によっては合いにくくなる場合がありますし、カラーコンタクトレンズもメーカーによって規格がまちまちで、使いづらい商品もあるようですので、できればソフトタイプのコンタクトを使うようにしたいものです。

レーシック手術は角膜の形状を変えるものですから、元々角膜が薄めな方についてはソフトレンズも危険と判断される場合があります。
角膜が薄いと黒目にレンズが張り付きやすくなり、外気で乾燥して角膜に傷がつく危険があるということです。
そのため、レーシック手術前の適応検査で「角膜が薄い」と判断された方については、事前に術後のコンタクトレンズ使用について相談しておくと良いでしょう。
手術後の目は非常にデリケートですから、随時経過を診てもらいながら、気持ちよくコンタクトを装着するようにしたいものです。

このページの先頭へ