紫外線ケア

レーシックを受けた後カラコンは安全上問題ないの?

目にレーザーを照射するだけで、短時間のうちに視力回復ができると評判のレーシック手術。
人によって差はありますが、大体1.5から2.0まで視力が戻ると言われています。
もちろん、手術後一定の時間が経過すれば元の生活に戻ることができるので、裸眼でも不自由なく生活ができるようになります。

これがレーシックの最大のメリットです。
しかし、レーシックを受けた後でカラーコンタクト(カラコン)を使用する場合は、人によっては角膜の状態が薄くなっているため、使用を控えるようにと言われることがあります。
あまりにも薄い場合はコンタクトが貼りつきやすくなるため、使用不可とされる場合もあります。
カラーコンタクトはファッションアイテムの一部として人気がありますが、術後の目の状態は人それぞれですので、まずは自分自身の角膜の厚さを検査して貰い、必ず手術前にカラーコンタクトについて医師に相談するようにしましょう。

これはカラーコンタクトに限らず、ソフトやハード、老眼用なども同様です。
既に手持ちのカラーコンタクトがあって、それをつけたいと思っているなら、検診の時に医師にコンタクトをみせて相談すると良いでしょう。
大きさや厚さによっては、術後の目に合わない可能性もありますから、専門の先生の意見を聞いておけば安心して装着できます。
せっかくのオシャレ用アイテムですから、リスクは極力少なくしておきたいところです。

レーシック手術後は、どんな場合でも最低1ヶ月は目元を大切に扱わなければなりません。
目は人間のもつ器官のなかでも外側に露出している数少ない部分なので、手術で傷がついている場合はさらに安静に過ごさなければいけません。
オシャレしたい、黒目を大きく見せたいと思っても目の健康には替えられませんから、1ヶ月はコンタクトを気軽に装着しないよう注意しましょう。
コンタクトはもちろん、目のまわりをごしごしと擦ったり、まつげを引っ張ったり、まぶたに力を加えることもNGです。

このページの先頭へ