紫外線ケア

レーシック手術に出るフラップ生成とはどんな現象の事を指していますか?

レーシック手術を行う際、「フラップ生成」という施術が行われる場合があります。
必ずフラップを作るわけではなく、レーシックにもさまざまな施術方法がありますが、フラップ生成はきわめてベーシックな方法のひとつです。
フラップとは、角膜を薄く削り出すことによって円の形をしたフタのような部分を作ります。

これが「フラップ」と呼ばれるものです。
フラップを生成した後でそれを開き、そこから目の内部にレーザーを照射することによって、光の屈折異常が起きていたところを正常に戻すことができるのです。
眼球に直接レーザーを当てるのではなく、フタをあけて中を覗きこみ、中に光線を入れて治療する手法です。
角膜をまるごと剥がすわけではありませんが、少しでも「剥がす」と考えると少々不安になるかもしれません。

しかし、角膜の傷そのものは術後に時間の経過とともに癒えていき、元通りに完治するので心配はいりません。
それでも恐ろしいと思う場合は、クリニックで専門医に詳細な説明を聞いたり、痛みの程度や術後の経過などについて納得がいくまで質問をしてみると良いと思います。
または、インターネットを使ってレーシックについての体験談を閲覧するなどしても良いでしょう。

そもそも、フラップをフタのようにして薄く生成すること自体、一昔前ではまったくありえないことでした。
レーシックといえば今では当たり前のように行われていますが、レーザー技術の進化なくしてこれらの施術は発達することはできません。
現在でもレーザー技術とレーシックへの研究は進んでおり、既に患者の目の詳細なデータを装置が分析、それぞれの状態に合った照射を行う「イントラレーシック」や、一人ひとりの角膜の状態をわずかな歪みも見逃さず解析、個人に合わせてカスタマイズができる「アイレーシック」などが登場しています。
標準的な術式にとどまらず、レーシックは今後さらに安全性の高いものへと進化を続けていくことでしょう。

このページの先頭へ