紫外線ケア

レーシック手術で心配される副作用とはどんな物がありますか?

レーシック手術は若者から高齢者まで幅広く受けられる治療です。
非常に手軽である一方、手術後の副作用やリスクなどについても知識を得ておきたいところ。
そこで今回は、レーシックで考えられるさまざまな副作用について考えてみたいと思います。

・見え方の変化
術後3ヶ月くらいまでの間は、夜間に車や電灯などの光が必要以上に眩しく見えてしまう可能性があります。
「ハロ・グレア」「スターバースト」などと呼ばれる現象ですが、レーシックを受けた多くの人にみられる現象で、できれば3ヶ月間は夜間の車の運転などは控えた方が良いでしょう。
また、ものがぼやけて見えたりする場合はドライアイが考えられます。
ドライアイも多くの人にみられる現象で、目薬を点眼し続けることで改善に近づけていきます。
ドライアイが半年以上経っても治らない場合はすぐに医師に相談しましょう。

・近視戻り
レーシック手術を受けた人のなかには、術後半年くらいで近視の状態に戻るケースが存在します。
専門用語で「近視戻り」「再近視化」などと呼ばれる現象です。
近視戻りの原因としては、強度の近視だった人ほど発症しやすいと考えられており、近視戻りをした人が再び高い視力に戻すには再手術を受けるか、近視戻りの状態のままメガネやコンタクトレンズで矯正することになります。

しかしながら、強い近視だからといってレーシックのあと誰もが近視戻りになるわけではありません。
レーシックは半永久的に高い視力を保ち続けられるものですので、施術を受けたからといって安心しきって、目に悪い生活を送らないよう気を付けましょう。
視力は遺伝的要素ももちろんですが、生活習慣に原因する部分も大きいため、一度レーシックで元に戻しても生活習慣自体が変わらなければ近視戻りになる可能性もあります。
レーシックの副作用は多くの場合、時間とともに回復するといわれています。
もしも3ヶ月以上症状が続く場合は、適宜検診を受けて目の状態を診て貰い、医師に相談をするようにしましょう。

このページの先頭へ