紫外線ケア

レーシック手術を完了したらビューラーは使用しては駄目なのはどうして?

人気の視力回復方法といえばレーシック手術。
簡単に済ませられて、どんどん安価になっている手術ではありますが、施術の直後は目元が非常にデリケートになります。
特に入浴やメイクなど目に関わる様々な制限が設けられます。

多くの女性が愛用しているメイク道具のなかに「ビューラー」があります。
ビューラーはまつげを上向きにカールさせるもので、マスカラの前には必ずといっていいほどビューラーが使われます。
ビューラーのなかにも、ベーシックな手動のアイテムだけでなく、熱によってカールさせるタイプや小型のものなど、さまざまな種類のビューラーが登場しています。

毎日の生活に欠かせないアイテムとはいっても、ビューラーはレーシック手術後は一切控えるようにと医師から指示されます。
マスカラやアイライナーのように、目に液が入ってしまう心配はなくても、ビューラーが目の周辺に力を加えることで負担になるため、手術後に角膜とその周辺を保護するという意味でも、ビューラーは一切使用しないようにしてください。
レーシック手術では、レーザー照射の際に作る角膜のフタ「フラップ」が、傷として角膜の上にのった状態のままにされています。

そのため、ちょっとした力加減でフラップがゆがんだり、ずれてしまう可能性が考えられます。
かさぶたをむやみに剥がさないのと同じように、フラップも元通りにくっつくまではそのまま安静にしておかなければなりません。
日常的に利用しているビューラーも、ひとつ間違うと傷口を悪化させる結果を招きかねないので、レーシックを受けると決めたら一定期間はメイクを自粛するように心掛けたいものです。

ビューラーも含めたメイクがOKになるのはほとんどのクリニックで「約1週間後」と言われています。
人によっては1週間前後で傷が治ってしまう場合もあれば反対に治りが遅い方もいるため、術後のアフターケアなどで傷口の状態などをしっかり確認して貰うようにしましょう。

このページの先頭へ