紫外線ケア

レーシックをした後でアイプチはNGなのはどうして?

レーシック手術の後は1週間程度メイクや洗顔が禁止になりますが、アイプチなどの二重まぶた接着剤についても同じくNGとされています。
アイプチは一重まぶたを持ち上げて接着し、二重にする方法です。
まぶたを持ち上げた時に、レーシックで生成した「フラップ」と呼ばれる角膜のフタ部分の傷に負荷をかけてしまい、治りが遅くなったり思わぬ事故が起こる可能性があるため、目元に力を加えるアイプチやビューラーなどのメイク道具はすべて使うことができません。

フラップ自体は角膜の上皮細胞が再生するため、約3ヶ月程度で元通りに接着します。
手術後1週間程度経過していればフラップは安定し、目元を軽く触れるようにもなりますが、少なくとも3ヶ月の間は目を強くこすったりまぶたを引っ張ったりしないように注意しなければなりません。
アイプチにもさまざまな種類があって、接着力の強いものなども市販されていますが、商品によってはまぶたが突っ張る可能性もあり、眼球に思わぬ負荷を与えかねません。

できれば3ヶ月程度はアイプチを使わないようにしたいものですが、どうしても使わなければならない場合は1週間と言わず1ヶ月以上が経過してから、きちんと医師の許可を得て使うようにしてください。
人によっては3ヶ月が経過しても、ちょっとした衝撃で角膜のフラップがずれるケースがあります。
目は非常にデリケートな部位で、一生大切にしなければならない器官ですから、時間がかかっても安静にしておきたいものです。

普段から目元メイクに力を入れている方は、いつものクセでメイクをしてしまったり、目をこする、まぶたを抑える、まつげを引っ張るなどの行動は控えるようにしましょう。
アイプチはまぶたを強く引っ張り上げることで角膜に負担を与えます。
フラップが安定していない状態でこれだけの負担をかけることは感心できません。
できればやらない方が良いのですが、どうしてもやるというのであれば1ヶ月以上おいた後、クリニックの経過観察http://www.j-ta.jp/ahuta.htmlと許可を得てからやるようにしましょう。

このページの先頭へ