紫外線ケア

レーシック手術のあとのアイメイクの最善な方法ってどんな物がありますか?

レーシックの手術を受けたら気になることは、さまざまな制限がつくということではないでしょうか。
特に女性はアイメイクをする方も多いので、職場や外出時にアイメイクができないなんて…と不安に感じる方も少なくないと思います。
実際のところ、レーシック手術後1週間はアイメイクが完全に禁止されます。

手術で傷ついた角膜と眼球を完全に保護し、安静にしながら傷を癒す必要があるからです。
もしもそこでアイメイクをしてしまうと、アイライナーの液が目の中に入り込んだり、指で目元に触れて感染症や炎症を起こしたり、あるいは角膜を傷つけたりと、思わぬ眼病を招く結果にもなってしまいます。
不安だった手術が終わるとどうしても開放的になって、普段通りの生活に戻ろうとしてしまうものですが、目そのものは他にはかえられない大切な器官ですので、1週間の間はつけまつげやビューラーも含め、顔に関するメイクは自粛するようにしましょう。

保護用のメガネなどをかけて1週間を過ごした後は、晴れてメイクがOKになります。
この時点で人によっては角膜の傷が十分に癒えていない可能性もあるため、いきなり強い力で目をこすったり、まぶたを引っ張ったりしないよう注意が必要です。
薄くアイシャドーをつける、液が目に入らないようにするなどして、薄めのメイクを心がけるようにしたいものです。

つけまつげも出来れば1週間以上おいた状態から始めるようにしましょう。
手術後1ヶ月以上経過すれば、ほとんどの場合問題なくアイメイクが可能になります。
経過観察のための検診で目の状態を診られますから、その時にメイクについて医師に尋ねてみても良いでしょう。

眼科やクリニックのホームページでは「1ヶ月後からアイメイクOK」と書かれていたりしますが、すべての人にあてはまる数値ではないので注意が必要です。
元々角膜が薄く、レーシックでさらに薄く削った方などは1ヶ月以上目を保護するように言われる場合もあります。

このページの先頭へ